YahooJAPANカード 無職 審査

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るのは本当?

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るという噂は本当なのか?YahooJAPANカードの審査事情を中心にその真相をお伝えしていきます。

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るのは本当なの?

YahooJAPANカード無職

 

 

みなさんYahooJAPANカードって知ってますか?

 

ここ最近非常に人気が出てきているクレジットカードで楽天カードと同様に審査が通りやすいカードとしてネット上でも話題になっています。

 

今回はこのYahooJAPANカードが無職でも審査に通るのかについて解説していきたいと思います。

 

 

YahooJAPANカードは無職でも審査に通る?

 

まず無職でもYahooJAPANカードは作れるのか?審査通過は可能なのか?

 

こちらについてですが、何とも言えないところですが、カードが作れる可能性は十分にあります。

 

というより現に無職でもYahooJAPANカードを作れた人がいるので、作れるか作れないかでいうと、作れます。

 

ただ作れると言い切ってしまうと問題になるのが絶対作れるということではないということですね。

 

もちろん無職の状態でYahooJAPANカードに申込して審査通過できない人も普通にいます。

 

YahooJAPANカードが作れるか作れないかにおいて「どんな無職の状態なのか?」が大事になってきます。

 

無職でも主にカードが作れるケースをあげてみると下記のような感じです。

 

無職でも家族と一緒に住んでいて、家族が働きに出ていて稼いでいる
⇒世帯年収がある

 

無職でも先日まで働いていて、先月までは収入を得ていた。貯蓄もしている。
⇒預貯金がある

 

無職でも専業主婦で旦那が働いている
⇒配偶者に収入がある(世帯年収)

 

 

 

どのケースでも共通しているのは「支払い能力」があるかどうかということです。

 

家族が働いていたり、貯金があれば支払い能力があるという風にみなしてもらえます。
YahooJAPANカードで申し込むときにはこれらを自ら証明するためにも入力してアピールできる欄があります。

 

YahooJAPANカード申込時に世帯年収・預貯金を入力
↑↑世帯年収と預貯金をアピールする入力欄

 

この入力欄にきちんと家族が得ている収入・預貯金をしっかり入力することにより審査通過は可能となります。

 

また正社員やアルバイトなどの正式な職についていなくてもネット副業などのお小遣いで稼いでいるようなものでも無職でありながらも収入があるということを証明することだってできます。

 

YahooJAPANカードのカード申込において無職という職業選択欄はありません。
YahooJAPANカード申込において無職欄はない

↑↑YahooJAPANカードの申込時の職業選択画面

 

あくまで無職はその他という扱いになるので、無職だから絶対にカードが作れないということではないので安心してください。

 

 

ではどんな人が無職で審査に落とされるのか?

 

無職で審査に落ちる人の特徴としては、一番多いのは完全にまったく身寄りがない独身者です。

 

家族とも一緒に住んでいない。

または家族と住んでいても働いていない。

貯金もとくにない。
このような状態だとまずカードを作るのは難しいでしょう。

 

また世帯年収・預貯金がしっかりあったとしてもクレジットカードは個人情報・クレヒス(クレジットヒストリー)などの情報をさまざまな項目にあてはめて総合的に審査判定を行います。

 

※クレジットヒストリー⇒今までのクレジットを利用した履歴のこと

 

 

クレジットの今までの利用歴で遅延・滞納があったり、信販会社を利用した形跡があったり、居住年数が短かったりなど支払いにおいて難しいと判断されたら審査は落ちてしまいます。

 

 

クレジットカード作りは収入がすべてではありません。

 

 

正社員で勤めていて年収がたくさんあるから、絶対作れるということでもありません。正社員の方でも個人情報やクレヒスが割るければ普通に審査は否決になります。

 

 

無職はカード申込をしないほうがいい?

 

そんなことはありません。

上記でもあげているように世帯年収だったり預貯金で、支払い能力がある程度証明できてクレジットヒストリーに思い当る悪い印象(遅延・滞納)などがなければ大丈夫だと思います。

 

 

YahooJAPANカードの審査は入力した情報によるコンピュータ審査なようなので、とくに問題がなければすぐに審査が通過できるようになっています。

 

 

注意:コンピュータ審査だからといって嘘の情報(年収の増幅や現在の借入状況を消したり)などをしても信販会社との情報やりとりはあるのでバレてしまいます。必ず嘘の入力はせずに真摯に正しい情報の入力をするようにしましょう。

 

 

まとめ

 

YahooJAPANカードは無職でも審査通過してカードを作ることができます。

 

もちろん100%作れるとは限らないし、正社員やアルバイトのような自分自身で定期的に収入を得ている属性と比べると審査は通りにくい現状があります。

 

でもいざ実際に申し込んでみるとYahooJAPANカードは審査がとても早く、あっという間に審査結果が出てくるような感じです。

 

申込依頼をかけてから2分後には審査が通りましたというようなお知らせメールが届くのも普通です。

 

 

けっこう思っている以上に簡単に審査に通ります。

なのであまり深く考えずにYahooJAPANカードが欲しいな~と思ったら無職だとしても思い切って申し込んでみるといいと思います。

 

あとキャッシングについては無職の場合だとほぼつけることができないと思って間違いないと思うので、キャッシング希望欄については「不要」にしておいたほうがいいかなと思います。

 

無職のあなたがYahooJAPANカードの審査が通ることを願っております。

世帯年収・預貯金がありましたらぜひ申込にトライしてみてくださいね。

 

YahooJAPANカードの詳しい詳細や申込については公式サイトで確認してみてください。

 

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 



 

カテゴリー
最近の投稿
タグ