YahooJAPANカード 無職 審査

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るのは本当?

なぜ無職だとクレジットカードは作れない?審査が難しい理由とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

クレジットカード作成において基本的には無職の状態だとカードを作ることは難しいとされています。

 

なぜ無職だとクレジットカードが作れないのか?

 

理由は簡単です。無職だと安定した収入を得ていないので、いざカードを作って利用しても返済ができず利用分を踏み倒す恐れがあるとカード会社に見られてしまうからです。

 

無理もないですよね。

 

収入がないと先立つものがないので、カードを使っても支払えないということが十分ありえます。

 

ただ無職の状態でカードが絶対に作れないというわけでもありません。

 

自分自身に安定した収入がまったくなくても家族に収入があったり、貯金しているお金があれば返済ができるとみなされカードが作れる可能性も場合によってはあります。

 

YahooJAPANカードがいい例です。

 

YahooJAPANカードで実際にカードを申込むときに「世帯年収」「預貯金額」と言ったような感じで収入・お金があるというのをアピールすることができます。
YahooJAPANカード申込時に世帯年収・預貯金を入力

↑↑YahooJAPANカード申込中の画面抜粋

 

「世帯年収」「預貯金」アピールによって無職でもカードを作ることができる確率は0ではありません。

 

きっちり支払いができることが証明できれば少なからずカードを作ることができる可能性はあります。

 

※世帯年収や預貯金で虚偽の入力は絶対に止めましょう。カード会社の情報網はすごいです。普通にバレますし、虚偽をすることによってマイナス評価になるので注意しましょう。

 

まとめ

無職の状態だとクレジットカードは作りにくいです。

 

収入がないとカードを作っても踏み倒される恐れがありカード会社が発行を許してくれません。

 

でも家族収入(世帯年収)や貯金(預貯金額)があると返済できるかもしれないと見てもらえる可能性があり、カードを作ることができる可能性があります。

 

家族収入や預貯金があるのなら現に無職の状態でも作れている人がいるYahooJAPANカードがたくさんあるカードの中でも作りやすくておすすめです。

 

 

YahooJAPANカードの申込はこちら(公式サイト)

 

 

 

独身の一人暮らし無職でもYahooJAPANカードは作れるのか?

読了までの目安時間:約 4分

 

ワイジェイカード株式会社の発行するYahooJAPANカードはクレジットカードの中でも審査が甘い方で非常に作りやすいカードだと言われています。

 

カード作りには少し難しいと言われている専業主婦・学生・年金受給者といった職業の方でもたくさんの方がYahooJAPANカードに入会できています。

 

さらにいえば無職の方でもカードが作れています。自分に収入がなくても家族と一緒に住んでおり、家族間に収入があることを世帯年収としてアピールすることによりカード発行にまで進むことが無職でもできている人がいます。

 

このようにYahooJAPANカードは多くの人、審査が難しいであろう人でもカード作成ができている現状があります。

 

ではもっと審査通過が難しそうな独身の一人暮らしでの無職だった場合YahooJAPANカードを作ることができるかどうかについてですが、

 

結論から言ってしまうと、カードが作れる可能性はあるけど、作れない可能性の方がだいぶ高い感じになってくると思います。

 

独身の一人暮らしの状態だと、家族と一緒に住んでいることにはならないので「世帯年収がない」ということになります。さらに無職なので自分自身の定期的に入る収入が0ということになります。

 

クレジットカードを作成する上で安定した収入は必要不可欠な項目なので、世帯年収・本人年収がない時点で作ることは困難です。

 

こんな状況でもカードが作成できる唯一の状態としては、「預貯金額」がいっぱいある(50万以上)、持ち家がある、常日頃からクレジットを利用して返済もきちんとしている、この3つのいずれかがあるとカードが作れる可能性があるのではないかなと思います。

 

とは言っても独身・一人暮らし・無職の状態は限りなく作るのが難しいです。

 

さきほどの3つのカード作成できる状態があっても作れる可能性は1~2割程度と言ったところではないでしょうか。

 

審査の通りやすいYahooJAPANカードで1~2割しか作れないということになると他のカードだとたいてい審査に落ちるといったのが普通だと思います。

 

最終結論としては、独身・一人暮らし・無職はカード作成は難しいです。それでもカードを作るのに挑戦するのなら審査に通りやすいYahooJAPANカードがおすすめです。YAHOOJAPANカードで作れなかったらあきらめましょう。

 

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

ニートでもYAHOOカード作れました!

読了までの目安時間:約 4分

YahooJAPANカード無職

 

最近新しく登場したYAHOOが発行するYAHOOJAPANカードは審査がゆるく作りやすいと言われています。

 

ネット上にも審査がゆるく通りやすいことからニート(無職)でもYAHOOカードが作れました!という情報をみたことがあります。

 

このネット情報は本当なのか?嘘なのかについてですが、私はこのネット情報は本当だと思います。

 

なぜならYAHOOカードは現に無職の方でも作れている方がいるからです。私の友達の中にもニート(無職)でYAHOOカードが作れた方がいました。

 

ただ絶対に間違えてはいけないことそれは、全員がYAHOOカードを作れるということではないことです。

 

 

 

たしかにYAHOOカードは審査自体がゆるく通りやすいカードだと思いますが、全員が審査に通るわけでもないし、どちらかというとニート(無職)状態でのカード申込をすると審査落ちする方のほうが多いと思います。

 

 

 

では作れないと思ったほうがいいのか?と話がそっちのほうになると思いますが、正直ケースバイケースだと思います。

 

 

クレジットカードの申込審査自体、個人情報・職業情報・クレジットヒストリー(クレジット履歴)などの情報から総合して判断されてクレジットを使っても問題ないかたなのかどうかの審査が行われます。
なので一概に絶対作れる作れないというのを言い切るのは非常に難しいです。

 

 

 

ではどういうニート(無職)なら作れる可能性が高いかについてでいえば「家族と一緒に生活をしている方」これが一番審査に通る可能性の高い秘訣だと思います。

 

 

 

家族と一緒に生活していることによって自分自身がニート(無職)の状態であったとしても家族全体いわゆる世帯年収として収入があることを伝えることができるからです。

 

 

もちろん世帯年収が500万あったとしてもそれでもカードが絶対作れるというわけではありませんが、カードが作れる可能性はだいぶ高くなります。

 

 

ニート(無職)の時点でYAHOOカードを作るのに対して不利なことは間違いありませんが、家族と一緒に生計を立てていたり、貯金をある程度していたりするとYAHOOカードが作れる可能性は十分にあります。

 

 

まとめ

家族と一緒に住んでいれば(世帯年収があれば)ニートでもきっと作れます。

YahooJAPANカードが欲しい方は公式サイトから申し込みや詳細確認を行ってみてください。

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 



カテゴリー
最近の投稿
タグ