YahooJAPANカード 無職 審査

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るのは本当?

YAHOOJAPANカードは職場の在籍確認の電話があるのか?

読了までの目安時間:約 4分

クレジットカードを申込むと気になる項目としてよくカード審査が気になるという方が多いのですが、それと同じくらい気にしている方が多いのが「職場の在籍確認の電話」があるのかについてです。

 

 

職場自体がとてもフレンドリーで、職務以外の電話がかかってきたりして問題なかったり、業務自体が忙しくなかったり、カードを申込んだことを他従業員に知られても問題ないのならいいのですが、全員がそういうことではないようにも思います。

 

 

張りつめた雰囲気の中で業務をしていたり、職務中わざわざ電話に出るがあまりなかったり、社内の従業員同士が仲悪かったりなど電話をつないでほしくないこともあると思います。

 

 

肝心のYAHOOJAPANカードが職場の在籍確認の電話があるかどうかについてですが、基本的には確認の電話は行っていないようです。

 

 

通常は確認の電話はありませんが、もしも確認の電話が行われるとするのならば、どう考えてもおかしい入力ミスがあったり、現在持っている他社のクレジットカードに登録されている勤務先の情報と今回申込をした勤務先情報に相違があった場合にかかってくることがあるようです。

 

 

どう考えてもおかしい入力ミスについては、
住所の番地などありえない住所になっていたりするとカード発送の手配もできなくなってしまうので、確認の意味も込めて連絡がある場合があります。

 

 

勤務先情報の相違については、
カード会社からすればどちらの勤務先情報が正しいのか確認したいところですよね。申し込んだ側からすれば新しく入力した勤務先情報が正しいに決まっているかもしれませんが、確認の電話があります。

 

 

勤務先情報の相違の対策としてはカードを申込む前に前もってクレジットカード登録情報の勤務先情報を新しい勤務先に修正しておくといいのではないかと思います。(カード会社の会員サイトまたはカード裏側に記載があるサポートセンターにかければ変更の手続きができるように思います。)

 

 

 

あとは未成年の場合は基本的には本人に連絡があるように思います。
未成年の場合は必ず両親に一言カード申込をすることを伝えておき途中で電話に代わってもらうようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

YAHOOJAPANカードの職場への在籍確認の電話についてはほぼないと考えていいと思います。

 

連絡がまれにあるケースとしては、入力ミスと勤務先情報の相違が主です。

 

職場に確認連絡がないようにしっかり入力ミスとカード情報の確認と必要であれば修正加えておくようにしましょう。

 

 

YAHOOJAPANカードはブラックでも作れる噂は本当?

読了までの目安時間:約 3分

クレジットカードを申込もうと思った時に一番審査に通ることが難しいとされるのがブラックリストに載っている状態だと思います。

 

 

 

審査に通ることが難しいのは収入がまったくない無職ではありません。ブラックリストに載っている状態の方だと思います。

 

 

 

ではそんなブラックリストに載っている状態でもYAHOOJAPANカードは作ることができるのか?

 

 

 

「ブラック」のキーワードを入れて検索してみるといろんな方の情報が出ます。

 

 

 

ほとんどの方がブラックとは・・・の説明をした後に作るのは難しいと書いている方がほとんどですが、中には作ることができますよ!と書いている人の情報もあります。

 

 

両方の意見があるから結論としては申し込んでみないとわからないところですが、はっきり言ってブラックリストに載っている状態だとYAHOOJAPANカードは作れないです。

 

 

 

ブラックリストの載っている状態というのは、金融事故を起こしていたり、支払い遅延・滞納などの返済を行っていない常習者にあたります。

 

 

 

そういう方はいくら審査が甘いとされているYAHOOJAPANカードだとしても作れるわけがないと思います。

 

 

 

どれくらい作れるかとパーセンテージを表すとするのならば99%作れないのではないでしょうか。

 

 

 

じゃあ1%は作れるの?

っていう話になるかもしれませんが、

 

 

 

もしかしたらブラックリスト以外の要因で作ることができるかもしれないのでいちお1%っていうことにしておきます。

 
ブラックの状態の方はカード申込はせずにブラックの状態が解けるのを意識することの方をおすすめします。

 

 

 

もしどうしてもカードを作りたいのなら家族のだれかの持っている家族カードならその本会員の中での利用ができるので持つことができるのかもしれないですね。

 

YAHOOJAPANカードはビザ・マスター・JCBの選択はどれがいい?

読了までの目安時間:約 4分

YAHOOJAPANカードを作成するうえで一番最初にカードブランドを選択します。

 

選択できるカードブランドはビザ/マスターカード/JCBの3種類。

 

この3種類の中で選ぶとしたらどれが一番いいのか迷っている方のために3つのカードブランドを選ぶ選定基準を紹介してみたいと思います。

 

 

3つのカードブランドの特徴

 

まずはどれが一番いいという前にビザ/マスターカード/JCBそれぞれの特徴を簡単にまとめたので確認してみましょう。

 

 

VISA(ビザ)

 

ビザとは、アメリカに本社を置いている世界的な決済サービスを提供している会社になります。

 

世界規模で見たときにビザのカードブランド加盟店は世界でナンバー1とも言われています。

 

要はカードブランド加盟店が一番多いので、一番カードが使える可能性が高いと考えていいと思います。

 

 

 

MasterCard(マスターカード)

 

マスターことマスターカードもアメリカの決済サービス企業です。

 

ビザと同様に非常に世界中で加盟店が多く、どこでも支払いができる信頼のおける会社です。

 

日本でもかなり普及していて加盟店も非常に多いですが、とくにヨーロッパでの利用にはめっぽう強いと言われています。

 

 

 

JCB(ジェーシービー)

 

JCBとは日本のクレジットカード会社です。

 

日本発祥のクレジットカードサービス会社ということもあり日本での加盟店の多さはピカイチです。

 

海外でも利用することはできますが、ビザやマスターと比べると加盟店は少ない感じです。

 

 

それぞれのカードブランドの特徴を踏まえて

 

ここまで3つのカードブランドの特徴をみていかがでしたでしょうか?

 

自分でこの記事を作成してみてても現時点でいまいちどれがいいのかよくわからないですね(^_^;)

 

 

簡単に仕分けてしまうと、

●ビザは海外・国内でたくさんできるオールマイティーカードブランド

●マスターは海外でたくさん利用したい方におすすめのカードブランド

●JCBは日本国内での利用がメインな人におすすめのカードブランド

このような感じで分けてしまってもいいと思います。

 

 

上記の仕分けでもいまいち選びにくいのならこれからYAHOOJAPANカードを申込んではじめてカードを使っていく方ならビザが一番おすすめ。

 

 

すでにビザを持っていて海外に行くことがあまりないならJCBがいいんではないでしょうか。

 

いずれにおいてもどこのカードブランドを選択したからと言って審査事情などはとくに変わらないのでお好みでカードブランドは選択するといいでしょう。

 

YahooJAPANカードはアルバイトでも作れるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 

2015年より新しくクレジットカードとして誕生したYahooJAPANカードは、楽天カードと同様にポイント還元率が非常に高く100円につき1ポイントが貯まることからとても人気です。

 

 

そんな便利なYAHOOJAPANカードはできるものなら持ちたいですね!

 

 

でもYAHOOJAPANカードはクレジットカードだから審査があるからきっと作れない。

 

 

よくクレジットカードを作ろうと思ったら正社員で安定した給料をもらっていないと作れないって聞いたことがあるし、私は週3のアルバイトでお小遣い程度くらいしか稼いでないからきっと作れない。。。

 

、、、と思っている方もいるかもしれませんが、YAHOOJAPANカードは想像以上にカード作成審査が甘いのでそこまで心配しなくてもいいように思います。

 

正社員はもちろんですが、パート・アルバイトの方でも作れている方がたくさんいらっしゃいます!

 

週3のアルバイト収入だけでも作ることはできますよ!
100%作れるというわけではありませんが、実際問題パート・アルバイトで多くの方が作れている実績があります。

 

ただカードが作れたとしてもカード利用限度額は少し低めになるかもしれません。

 

申込んで審査を受けてみないと正しいことは言えませんが、10万~20万といった少なめの利用限度額で発行されているアルバイトの方の情報もみたことがあります。

 

50万とか100万の利用限度額が欲しい場合は、よほど多額の貯金額を持っているか、年収自体が大きくないと難しいかもしれません。

 

まとめ

 

YAHOOJAPANカードはパート/アルバイトでも作ることができます。

 

きちんと働いていれば作れる可能性は充分あります!

 

 

ただし年収が少ないと利用限度額はどうしても少なるかと思うので、そこだけは把握しておきましょう!

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

母子家庭だけどYahooJAPANカードは作れますか?

読了までの目安時間:約 5分

 

母子家庭だと一般的に収入が少なかったりすると言われているので、クレジットカードの審査に受かりにくいのではないかと考えている方も多く見受けられますが、実質問題そこまで気にする必要はありません。

 

今回は母子家庭の方のクレジットカード作成事情についてまとめました。

 

YahooJAPANカードは母子家庭で作れるのか?

 

まずこの記事タイトルにもなっている母子家庭でもYahooJAPANカードが作れるかどうかについてですが、何ら問題ありません。

 

母子家庭だからYahooJAPANカードが作れないということは一切ありません。

 

 

大事なことは母子家庭だからということではなく、安定した収入を得ているかどうかということが大事なポイントになってきます。

 

 

正社員・契約社員・派遣社員・パート/アルバイト・自営業・・・・

いずれにおいても労働して収入を得ていれば基本的には大丈夫です。

 

 

もしもYahooJAPANカードを申込んでみて審査に落ちるようだったらそれは母子家庭だからということではなく別の原因で審査落ちしているというのを考えるといいと思います。

 

 

審査落ちで考えられる理由

 

YahooJAPANカードは審査が甘く作りやすいカードなので審査はそこまで心配しなくていいのですが、どんな方が審査に落ちてしまうのかいくつか考えられる理由をあげてみたいと思います。

 

審査落ちによくある要因

 

・収入がやたら少ない

・現時点で借入が非常に多い

・クレジットカードをすでにたくさん持っている

・クレジットの利用履歴が悪い

 

これらに該当しているとカードが作りにくいです。

 

 

①収入がやたら少ない

パート/アルバイトで生計を立てていて収入を得ていたとしても、月に1~2万円しか稼いでなかったりとか収入が極端に少ない場合だと審査に落ちてしまう可能性も高くなると思います。
②現時点で借入が非常に多い

カードを申込む時点で消費者金融であったり、何か買い物のローンをたくさん組んでいたりする状態だと収入がきちんとあったとしてもカードは作りにくいです。
数万円~十数万円くらいの借入残高ならいいのですが、何十万や百万単位で借り入れがあると難しいでしょう。

 

 

③クレジットカードをすでにたくさん持っている

クレジットカードを持てば持つほど個人が借入できる金額の幅が減っていくのでそれに伴ってカード自体を持つことが難しくなってきます。このケースの場合だと持っているクレジットカードを解約して所持枚数を減らせばカードも作れるように思います。
④クレジットの利用履歴が悪い

クレジットカードを使っていく中で支払いを忘れていたりなどの支払い遅延や滞納を行っている形跡があるとカードは作りにくいです。1度ならまだしも2度3度と忘れていた経歴があるとほぼ作れないと考えてもいいでしょう。

まとめ

 

母子家庭の方がYahooJAPANカード申込における審査事情をまとめてきました。

 

結論から言って母子家庭でもぜんぜんYahooJAPANカードは作れます。

 

感覚としては通常の職業の方と同じととらえてもいいと思います。

 

安心してカード申込にトライしてみてください。きっと大丈夫です。
YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

 

ニートでもYAHOOカード作れました!

読了までの目安時間:約 4分

YahooJAPANカード無職

 

最近新しく登場したYAHOOが発行するYAHOOJAPANカードは審査がゆるく作りやすいと言われています。

 

ネット上にも審査がゆるく通りやすいことからニート(無職)でもYAHOOカードが作れました!という情報をみたことがあります。

 

このネット情報は本当なのか?嘘なのかについてですが、私はこのネット情報は本当だと思います。

 

なぜならYAHOOカードは現に無職の方でも作れている方がいるからです。私の友達の中にもニート(無職)でYAHOOカードが作れた方がいました。

 

ただ絶対に間違えてはいけないことそれは、全員がYAHOOカードを作れるということではないことです。

 

 

 

たしかにYAHOOカードは審査自体がゆるく通りやすいカードだと思いますが、全員が審査に通るわけでもないし、どちらかというとニート(無職)状態でのカード申込をすると審査落ちする方のほうが多いと思います。

 

 

 

では作れないと思ったほうがいいのか?と話がそっちのほうになると思いますが、正直ケースバイケースだと思います。

 

 

クレジットカードの申込審査自体、個人情報・職業情報・クレジットヒストリー(クレジット履歴)などの情報から総合して判断されてクレジットを使っても問題ないかたなのかどうかの審査が行われます。
なので一概に絶対作れる作れないというのを言い切るのは非常に難しいです。

 

 

 

ではどういうニート(無職)なら作れる可能性が高いかについてでいえば「家族と一緒に生活をしている方」これが一番審査に通る可能性の高い秘訣だと思います。

 

 

 

家族と一緒に生活していることによって自分自身がニート(無職)の状態であったとしても家族全体いわゆる世帯年収として収入があることを伝えることができるからです。

 

 

もちろん世帯年収が500万あったとしてもそれでもカードが絶対作れるというわけではありませんが、カードが作れる可能性はだいぶ高くなります。

 

 

ニート(無職)の時点でYAHOOカードを作るのに対して不利なことは間違いありませんが、家族と一緒に生計を立てていたり、貯金をある程度していたりするとYAHOOカードが作れる可能性は十分にあります。

 

 

まとめ

家族と一緒に住んでいれば(世帯年収があれば)ニートでもきっと作れます。

YahooJAPANカードが欲しい方は公式サイトから申し込みや詳細確認を行ってみてください。

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 



カテゴリー
最近の投稿
タグ