YahooJAPANカード 無職 審査

YahooJAPANカードは無職でも審査に通るのは本当?

専業主婦でもYahooJAPANカードが作れる理由!

読了までの目安時間:約 3分

 

専業主婦だと働かずに自宅での主婦業に専念しているため収入が0でクレジットカードなんて到底作れないと思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

専業主婦でもクレジットカードは作れます。

 

最近クレジットカードで人気のYahooJAPANカードがありますが、こちらももちろん専業主婦でも作ることができます!!

 

では収入0の専業主婦がなぜカードを作ることができるのか?

こちらの理由についてですが、それは旦那さんの収入があるからです。

 

自分自身に収入がなくとも、一緒に生活をしている旦那の収入を自分自身の支払い能力と考えてもらい、クレジットの審査に通ることができるようになっています。

 

ただし、旦那さんが働いているから100%カードが作れるというわけではありません。

 

旦那さんの収入はもちろんのこと、クレジットにおいての遅延・滞納がないかとかもしものときの担保(家・貯蓄)などはあるかどうかなど総合的に信販会社を通してクレジットカードを作ってもよいかどうかの判断が行われます。

 

なので100%作れるかどうかは断言できませんが、収入が0でも専業主婦はクレジットカードを作れる可能性は充分にあるというのが言えます。

 

 

 

まとめ

 

収入が0の専業主婦でもYahooJAPANカード(クレジットカード)は作ることができます。

 

理由は旦那さん(配偶者)の収入をもとにクレジットでの支払い能力があるということを見てもらうことができるからです。

 

ただし、旦那さんの収入が数百万と言った感じでよいものだとしても今までのクレジット利用歴など総合的に見られるので100%作れるかどうかは審査を受けてみないと分からないので注意しましょう。

 

 

 

年金暮らしでYAHOOJAPANカードを作るのは可能か?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

年金暮らしだと働いてないからクレジットカードを持つことができない。

 

そう思っていることはありませんか?

 

若くてバリバリ働いている正社員の方と比べれば審査が通りにくいということはあっても年金受給の状態でもカードは作ることができます。

 

YahooJAPANカードなんかは年金受給者でも作ることが可能なカードの一つです。

 

 

カード申込の個人情報入力においても職業選択画面に年金生活者(年金受給者)という項目があります。

 

年金受給者だから作れない。申込できないということはありません。

 

もっと言えばYahooJAPANカード以外のクレジットカードでもカード申込はできます。

 

ただし、冒頭でもお伝えしている通り、30代・40代のような若くてバリバリ働いていて稼いでいる人と比べるとカード審査自体には通りにくい傾向にあります。

 

なので、これからカード申込をするのならゴールドカードのようなハイグレードカードや一般グレードカードでも有料カードのようなものは審査に通りにくいと思うので、年会費無料の一般カード、YahooJAPANカードのような審査に通過している人の声が多いものを選択して申し込むのがいいと思います。

 

まとめ

年金受給者・年金生活者でもクレジットカードは作れます。申込できます。

 

ただクレジットカード自体月々の収入額などの信頼情報が大事です。どちらかというと年金受給者の方はカード審査には不利な方だと思いますので、これからカードを作るならYahooJAPANカードのような年会費無料カードを作るのがおすすめです。

独身の一人暮らし無職でもYahooJAPANカードは作れるのか?

読了までの目安時間:約 4分

 

ワイジェイカード株式会社の発行するYahooJAPANカードはクレジットカードの中でも審査が甘い方で非常に作りやすいカードだと言われています。

 

カード作りには少し難しいと言われている専業主婦・学生・年金受給者といった職業の方でもたくさんの方がYahooJAPANカードに入会できています。

 

さらにいえば無職の方でもカードが作れています。自分に収入がなくても家族と一緒に住んでおり、家族間に収入があることを世帯年収としてアピールすることによりカード発行にまで進むことが無職でもできている人がいます。

 

このようにYahooJAPANカードは多くの人、審査が難しいであろう人でもカード作成ができている現状があります。

 

ではもっと審査通過が難しそうな独身の一人暮らしでの無職だった場合YahooJAPANカードを作ることができるかどうかについてですが、

 

結論から言ってしまうと、カードが作れる可能性はあるけど、作れない可能性の方がだいぶ高い感じになってくると思います。

 

独身の一人暮らしの状態だと、家族と一緒に住んでいることにはならないので「世帯年収がない」ということになります。さらに無職なので自分自身の定期的に入る収入が0ということになります。

 

クレジットカードを作成する上で安定した収入は必要不可欠な項目なので、世帯年収・本人年収がない時点で作ることは困難です。

 

こんな状況でもカードが作成できる唯一の状態としては、「預貯金額」がいっぱいある(50万以上)、持ち家がある、常日頃からクレジットを利用して返済もきちんとしている、この3つのいずれかがあるとカードが作れる可能性があるのではないかなと思います。

 

とは言っても独身・一人暮らし・無職の状態は限りなく作るのが難しいです。

 

さきほどの3つのカード作成できる状態があっても作れる可能性は1~2割程度と言ったところではないでしょうか。

 

審査の通りやすいYahooJAPANカードで1~2割しか作れないということになると他のカードだとたいてい審査に落ちるといったのが普通だと思います。

 

最終結論としては、独身・一人暮らし・無職はカード作成は難しいです。それでもカードを作るのに挑戦するのなら審査に通りやすいYahooJAPANカードがおすすめです。YAHOOJAPANカードで作れなかったらあきらめましょう。

 

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

YahooJAPANカードと楽天カードの申込者が多いのはどちらなの?

読了までの目安時間:約 4分

 

今人気クレジットカードとしてよく名前がでてくるのが、「YahooJAPANカード」と「楽天カード」です。

 

どちらのカードも年会費無料のカードとしてはポイント還元率1%でポイントが貯まることから、ポイントが貯めやすくてとても人気です。

 

この人気のカードはこの2017年となった今、どちらが申込者が多いのか調査してみました。

 

比較した結果申込者が多いカードは・・・

 

YahooJAPANカードと楽天カードのどちらが申込者が多いか、ネットを駆使して調べてみました。

 

調べた結果は・・・

 

・・・わかりませんでした(´Д`ι)アセアセ

 

というのも、YahooJAPANカードのワイジェイカード株式会社・楽天カードの楽天カード株式会社いずれも申込数や会員数をほとんど公表していないので、具体的な数値が分かりません。
ひとつわかったのは2015年11月の時点で楽天カード会員数が1200万人に到達したことです。

 

2005年から楽天カードの発行が始まり10年の時を経て1200万人になったようです。

 

ただこれではどちらのカードが申込者が多いのかがよくわからないですね。

 

現状カード会社が数字を公表していないため、具体的な比較はできないのですが、ネットで申込した人の口コミや声の載っている数を見てみると、若干ですが、YahooJAPANカードの方が多いような気がします。

 

申し込んだ人全員が口コミや申し込んだ感想をネット上にあげていることはないので、あくまで口コミなどの投稿している数だけですが、多いのはYahooJAPANカードだったように思います。

 

リアルな比較ではありませんが、私が調べた限りではYahooJAPANカードの方が現在の申込者数が多いと思います!

 

⇒ただし累計の申込者数(会員数)は楽天の方が間違いなく多いです。

 

まとめ

YahooJAPANカードと楽天カードの2枚を比較した際どちらのカードが今申込者が多いかどうかでいうと、調べた結果リアルな数字は分かりませんでした。

 

ですが、ネット投稿の口コミ数などはYahooJAPANカードの方が多かったように思います。

 

ただそこまで大きな差はないので、申込者の多い人気のカードを作りたいというよりかは自分の好みで選ぶのが一番だと思いました。
どちらもどのお店でもポイントがたくさん貯まるので、カードの特徴にもあるように楽天での買い物・利用があるのなら楽天カード。

 

Yahooでの買い物・利用がたくさんあるのならYahooJAPANカードと言う感じで選択していくといいのではないでしょうか。

 
よく利用するお店・サイトで新しいカードをどちらにするかは選びましょう~(^^)!

YAHOOJAPANカードは職場の在籍確認の電話があるのか?

読了までの目安時間:約 4分

クレジットカードを申込むと気になる項目としてよくカード審査が気になるという方が多いのですが、それと同じくらい気にしている方が多いのが「職場の在籍確認の電話」があるのかについてです。

 

 

職場自体がとてもフレンドリーで、職務以外の電話がかかってきたりして問題なかったり、業務自体が忙しくなかったり、カードを申込んだことを他従業員に知られても問題ないのならいいのですが、全員がそういうことではないようにも思います。

 

 

張りつめた雰囲気の中で業務をしていたり、職務中わざわざ電話に出るがあまりなかったり、社内の従業員同士が仲悪かったりなど電話をつないでほしくないこともあると思います。

 

 

肝心のYAHOOJAPANカードが職場の在籍確認の電話があるかどうかについてですが、基本的には確認の電話は行っていないようです。

 

 

通常は確認の電話はありませんが、もしも確認の電話が行われるとするのならば、どう考えてもおかしい入力ミスがあったり、現在持っている他社のクレジットカードに登録されている勤務先の情報と今回申込をした勤務先情報に相違があった場合にかかってくることがあるようです。

 

 

どう考えてもおかしい入力ミスについては、
住所の番地などありえない住所になっていたりするとカード発送の手配もできなくなってしまうので、確認の意味も込めて連絡がある場合があります。

 

 

勤務先情報の相違については、
カード会社からすればどちらの勤務先情報が正しいのか確認したいところですよね。申し込んだ側からすれば新しく入力した勤務先情報が正しいに決まっているかもしれませんが、確認の電話があります。

 

 

勤務先情報の相違の対策としてはカードを申込む前に前もってクレジットカード登録情報の勤務先情報を新しい勤務先に修正しておくといいのではないかと思います。(カード会社の会員サイトまたはカード裏側に記載があるサポートセンターにかければ変更の手続きができるように思います。)

 

 

 

あとは未成年の場合は基本的には本人に連絡があるように思います。
未成年の場合は必ず両親に一言カード申込をすることを伝えておき途中で電話に代わってもらうようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

YAHOOJAPANカードの職場への在籍確認の電話についてはほぼないと考えていいと思います。

 

連絡がまれにあるケースとしては、入力ミスと勤務先情報の相違が主です。

 

職場に確認連絡がないようにしっかり入力ミスとカード情報の確認と必要であれば修正加えておくようにしましょう。

 

 

YAHOOJAPANカードはブラックでも作れる噂は本当?

読了までの目安時間:約 3分

クレジットカードを申込もうと思った時に一番審査に通ることが難しいとされるのがブラックリストに載っている状態だと思います。

 

 

 

審査に通ることが難しいのは収入がまったくない無職ではありません。ブラックリストに載っている状態の方だと思います。

 

 

 

ではそんなブラックリストに載っている状態でもYAHOOJAPANカードは作ることができるのか?

 

 

 

「ブラック」のキーワードを入れて検索してみるといろんな方の情報が出ます。

 

 

 

ほとんどの方がブラックとは・・・の説明をした後に作るのは難しいと書いている方がほとんどですが、中には作ることができますよ!と書いている人の情報もあります。

 

 

両方の意見があるから結論としては申し込んでみないとわからないところですが、はっきり言ってブラックリストに載っている状態だとYAHOOJAPANカードは作れないです。

 

 

 

ブラックリストの載っている状態というのは、金融事故を起こしていたり、支払い遅延・滞納などの返済を行っていない常習者にあたります。

 

 

 

そういう方はいくら審査が甘いとされているYAHOOJAPANカードだとしても作れるわけがないと思います。

 

 

 

どれくらい作れるかとパーセンテージを表すとするのならば99%作れないのではないでしょうか。

 

 

 

じゃあ1%は作れるの?

っていう話になるかもしれませんが、

 

 

 

もしかしたらブラックリスト以外の要因で作ることができるかもしれないのでいちお1%っていうことにしておきます。

 
ブラックの状態の方はカード申込はせずにブラックの状態が解けるのを意識することの方をおすすめします。

 

 

 

もしどうしてもカードを作りたいのなら家族のだれかの持っている家族カードならその本会員の中での利用ができるので持つことができるのかもしれないですね。

 

YAHOOJAPANカードはビザ・マスター・JCBの選択はどれがいい?

読了までの目安時間:約 4分

YAHOOJAPANカードを作成するうえで一番最初にカードブランドを選択します。

 

選択できるカードブランドはビザ/マスターカード/JCBの3種類。

 

この3種類の中で選ぶとしたらどれが一番いいのか迷っている方のために3つのカードブランドを選ぶ選定基準を紹介してみたいと思います。

 

 

3つのカードブランドの特徴

 

まずはどれが一番いいという前にビザ/マスターカード/JCBそれぞれの特徴を簡単にまとめたので確認してみましょう。

 

 

VISA(ビザ)

 

ビザとは、アメリカに本社を置いている世界的な決済サービスを提供している会社になります。

 

世界規模で見たときにビザのカードブランド加盟店は世界でナンバー1とも言われています。

 

要はカードブランド加盟店が一番多いので、一番カードが使える可能性が高いと考えていいと思います。

 

 

 

MasterCard(マスターカード)

 

マスターことマスターカードもアメリカの決済サービス企業です。

 

ビザと同様に非常に世界中で加盟店が多く、どこでも支払いができる信頼のおける会社です。

 

日本でもかなり普及していて加盟店も非常に多いですが、とくにヨーロッパでの利用にはめっぽう強いと言われています。

 

 

 

JCB(ジェーシービー)

 

JCBとは日本のクレジットカード会社です。

 

日本発祥のクレジットカードサービス会社ということもあり日本での加盟店の多さはピカイチです。

 

海外でも利用することはできますが、ビザやマスターと比べると加盟店は少ない感じです。

 

 

それぞれのカードブランドの特徴を踏まえて

 

ここまで3つのカードブランドの特徴をみていかがでしたでしょうか?

 

自分でこの記事を作成してみてても現時点でいまいちどれがいいのかよくわからないですね(^_^;)

 

 

簡単に仕分けてしまうと、

●ビザは海外・国内でたくさんできるオールマイティーカードブランド

●マスターは海外でたくさん利用したい方におすすめのカードブランド

●JCBは日本国内での利用がメインな人におすすめのカードブランド

このような感じで分けてしまってもいいと思います。

 

 

上記の仕分けでもいまいち選びにくいのならこれからYAHOOJAPANカードを申込んではじめてカードを使っていく方ならビザが一番おすすめ。

 

 

すでにビザを持っていて海外に行くことがあまりないならJCBがいいんではないでしょうか。

 

いずれにおいてもどこのカードブランドを選択したからと言って審査事情などはとくに変わらないのでお好みでカードブランドは選択するといいでしょう。

 

YahooJAPANカードはアルバイトでも作れるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 

2015年より新しくクレジットカードとして誕生したYahooJAPANカードは、楽天カードと同様にポイント還元率が非常に高く100円につき1ポイントが貯まることからとても人気です。

 

 

そんな便利なYAHOOJAPANカードはできるものなら持ちたいですね!

 

 

でもYAHOOJAPANカードはクレジットカードだから審査があるからきっと作れない。

 

 

よくクレジットカードを作ろうと思ったら正社員で安定した給料をもらっていないと作れないって聞いたことがあるし、私は週3のアルバイトでお小遣い程度くらいしか稼いでないからきっと作れない。。。

 

、、、と思っている方もいるかもしれませんが、YAHOOJAPANカードは想像以上にカード作成審査が甘いのでそこまで心配しなくてもいいように思います。

 

正社員はもちろんですが、パート・アルバイトの方でも作れている方がたくさんいらっしゃいます!

 

週3のアルバイト収入だけでも作ることはできますよ!
100%作れるというわけではありませんが、実際問題パート・アルバイトで多くの方が作れている実績があります。

 

ただカードが作れたとしてもカード利用限度額は少し低めになるかもしれません。

 

申込んで審査を受けてみないと正しいことは言えませんが、10万~20万といった少なめの利用限度額で発行されているアルバイトの方の情報もみたことがあります。

 

50万とか100万の利用限度額が欲しい場合は、よほど多額の貯金額を持っているか、年収自体が大きくないと難しいかもしれません。

 

まとめ

 

YAHOOJAPANカードはパート/アルバイトでも作ることができます。

 

きちんと働いていれば作れる可能性は充分あります!

 

 

ただし年収が少ないと利用限度額はどうしても少なるかと思うので、そこだけは把握しておきましょう!

 

YahooJAPANカードの公式サイトはこちら

 

 

カテゴリー
最近の投稿
タグ